ケーススタディ

デビアスがBTとCiscoのソリューションをグローバルスタンダードに採用

ダイヤモンド生産の安全と輝くようなパフォーマンスを、最適化されたグローバルネットワークが支えます

デビアスのJames Ross氏は、他のITマネジャーが直面したことのない、実に稀な課題を抱えていました。それは、カナダ北方にある僻地、衛星かマイクロ波が唯一の通信手段という場所の鉱山をネットワークに接続しなければならなかったのです。世界28か所にある、同様に孤立した地域をつなげることは、ほとんどのプロバイダーでは不可能でした。

加えて、採掘・加工拠点の人々や工場を守りながら、生産オペレーションをデジタル化するため、大量のデータを送受信できる速さと強固さがなければいけませんでした。知的財産を守ることもまた、大きな課題の一つでした。こうしたことから、JamesはBTとCiscoが重要なパートナーであると認識しているのです。

De Beers Group of Companies

BTはデビアスにとって古くからのパートナーです。我々がビジネスをしている拠点でサポートできる数少ないグローバルベンダーのひとつです”
- James Ross, Head of Information Management, Canada and the United States, De Beers Group of Companies

デビアスがBTとCiscoのソリューションをグローバルスタンダードに採用。

世界最大のダイヤモンド採掘・加工・流通企業であるデビアスの、ダイヤモンド生産の安全と輝くようなパフォーマンスを、最適化されたグローバルネットワークが支えます。

さらに表示 Show less

概要。

  • BT IP Connect Globalのマネージドネットワークが、デビアスの世界28か所の拠点を接続。その多くは衛星かマイクロ波のアクセスを利用。
  • 音声やビデオだけではなく、膨大な生産データや地理空間的な情報も伝送。
  • BTとCiscoのコラボレーションツールを活用することで、意思決定を迅速にし、出張コストを削減。必要な帯域はBT Connect Intelligenceで最適化。
  • デビアスと、その親会社であるアングロアメリカのプラットフォームを統合し、Unified Communicationsのプレゼンスやインスタントメッセージ機能を利用。
  • 採掘のオペレーションをデジタル化し自動化することで作業者の安全を確保しながらもコストを削減。

ユビキタスなグローバルネットワーク。

BT IP Connect Globalは世界中にアクセス可能です。データセンター、オフィス、遠隔地にある拠点など、それぞれに最適なアクセステクノロジーを利用して接続します。

大切な帯域を有効に利用

BT Connect Intelligenceで帯域の使い方を効率化し、大きなメールの添付ファイルを何度も送信するといったことを避けるようにします。

リモートでのコラボレーションで生産性を向上。

BT One CollaborateシリーズからのBT MeetMeとCisco WebExを利用することで働き方を変革しました。ビデオ、音声、資料共有はCiscoのテレプレゼンスを5か所に導入して実現しました。

脅威から守る。

デビアスは販売や個人情報そして知的財産を常に守っています。BTとCiscoは、サイバーセキュリティの脅威からそうした情報を守れるよう、ネットワークを構築しました。

View the full case study on SlideShare

参考資料

ダウンロード