最新ニュース

[プレスリリース]BT Global Services、アジア太平洋地域における通信サービス市場のリーダーに6年連続で選出

DC15-605 (7 January 2016)

アジア太平洋地域を対象としたIDC MarketScapeレポートで、お客様のICTニーズに応える現状機能および強固な戦略とビジョンに関してBTが最高点を獲得

BTは、本日、最新版IDC MarketScapeのAsia-Pacific Next Generation Telcos; Telecom Services Vendor Assessment Report(アジア太平洋地域の次世代通信事業者:通信サービスベンダー評価レポート)において6年連続で「リーダー」として評価されたことを発表しました。

お客様のICT(情報通信技術)ニーズに応えるための現状機能および今後3~5年の間に進化するお客様の要求事項に対応する強固な戦略とビジョンに関して、BTが最高点を獲得しました。

IDC レポートは、BTが以下の主要分野で際立った強みを有していることに着目しました。

  • l 業界に特化した強力なソリューション(特に小売り、金融、医療、航空業界向け) - 業界別のソリューションをアジア太平洋地域だけでなく、グローバルにも提供するBTの重点的取り組みが、サービスプロバイダーとしての重要な差別化要因になっている。
  • l プロフェッショナルサービスのさらなる強化に向けた精力的な取り組み - BTは、BT Adviseブランドの下で、アジア太平洋地域におけるプロフェッショナルサービスの強化を続けている。同地域での700名以上を含めた世界で2,500名のコンサルタントが強力な戦力となっている。また、医療と金融に特化した分野を中心に、ビジネスコンサルタントのチームについて体制強化を図った。
  • l ターゲットを絞った販売戦略によるお客様との強固なポジショニング - BTは、マスマーケットへの販売ではなく、アジア太平洋地域での1,000社を超える得意先への対応を重視しており、ビジネス機会や戦略的関係に基づいてお客様を3グループにセグメント化して対応している。
  • l セキュリティへの重点指向による総合セキュリティポートフォリオの構築 - セキュリティへの重点指向に伴い、BTは、新テーマ「Rethinking the Risk」を設定し、「Art of Connecting」戦略を補完するとともに、ベンダー非依存型セキュリティプラットフォームの提供に注力している。

BTのアジア太平洋・中東・アフリカ担当プレジデントのケビン・テイラーは次のように述べています。「業界におけるこのような最高の評価を再びいただいたことは大変光栄です。当社は、年々、機能と戦略の両面で改善を続けており、このことが、リーダーとしての強固なポジションの維持と市場における明確な差別化につながっていると思います。」

IDC MarketScapeのモデルでは、アジア太平洋地域で事業展開している地域レベルとグローバルレベルの主な通信サービスプロバイダーが評価対象となっており、中大規模の企業、多国籍企業、政府機関といったクライアントのICTニーズに応えるための機能について調査が行われています。

今年、IDCはサービスプロバイダー11社を評価対象に選び、マネージドサービスの各社ポートフォリオを評価して結論を導き出しました。これには、クラウドベースのソリューション、ユニファイドコミュニケーション(UC)、エンタープライズ・モビリティ・サービス、プロフェッショナルサービス、さらには、サービスデリバリー、そしてソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)などの革新的技術を活用する能力も含まれています。

レポートの全文はこちらから(英語)

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeのベンダー分析モデルは、特定の市場におけるICT(情報通信技術)サプライヤーの競争力を総合的に判断するためのものです。調査では質と量の両面での基準により厳格な採点を行い、その市場における各ベンダーのポジションが1つの図で分かるようになっています。IDC MarketScapeは、ITおよび通信ベンダーについて、製品とサービスの提供、機能と戦略、現在と将来の市場における成功要因に基づいて有意な比較をするための明確なフレームワークを提供しています。このフレームワークによって、テクノロジーを購入するお客様は、現行ベンダーと新規ベンダーについて長所と短所をあらゆる角度から評価することもできます。

BTについて

BTの目的はコミュニケーションの力で世界を良くすることです。BTは、コミュニケーション・ソリューションおよびサービスを、世界170以上の国で提供する世界的なリーディングプロバイダーです。その中心的サービスは、ネットワークITサービス、英国内で提供している移動中でも利用可能な業務用や住宅用の市内・長距離・国際通信サービス、ブロードバンドやインターネットサービスと関連製品、それにFMC(固定通信と移動通信の融合)用のサービスや製品などです。BTの主要な事業は、BT Global Services(国際事業)、BT Business(ビジネス向け事業)、BT Consumer(消費者向け事業)、BT Wholesale(コアネットワーク事業)、Openreach(アクセスネットワーク事業)の5部門で構成されています。

2015年3月期、BT Groupは、収益179億7,900万ポンドおよび税引前利益26億4,500万ポンドを計上しました。

ブリティッシュ・テレコミュニケーションズ (BT)は、BTグループの完全所有子会社であり、BTグループのほぼすべての事業部門及び資産が、BTに所属しています。BTグループはロンドンおよびニューヨークの証券取引所に上場しています。

より詳しくは、www.btplc.com. をご覧ください。

お問い合わせ先

BTジャパン広報事務局
株式会社コスモ・ピーアール
担当: 岩谷・大貫
Tel: 03-5561-2915 / Fax: 03-5561-2912
Email: bt@cosmopr.co.jp