Banner

ダイバーシティの推進

多様な人材とそれを受け入れる文化を持つBTは、ダイナミックで革新的な企業としてお客様のニーズにお応えするよう心がけています。

BTのアプローチ

BTジャパン社長メッセージ

第四次産業革命の時代、すべてがディジタル化、グローバル化するという大きな波が押し寄せています。

激化する市場の国際競争にさらされる中、日本はいま、生産性向上、イノベーションの創造、という大きな課題を突き付けられています。

ウーマノミクスはその名の通り、Woman + Economics ―女性の社会進出がもたらす日本の経済成長です。女性の活躍が日本の労働市場を活性化させるだけでなく、ジェンダーダイバーシティを推進することで、企業は市場に新しい価値を創造することができます。

BTはダイバーシティー経営で数十年の実績があります。BTのテクノロジーを駆使した世界中の人材の活用と生産性向上法をご紹介し日本の働き方改革を応援することが、日本での我々のミッションです。

BTジャパン株式会社 代表取締役社長 吉田 晴乃

テクノロジーが可能にする日本のダイバーシティ推進と女性の活躍

近い将来、日本が直面する労働力の確保という課題と、イノベーションの強化。BTは、テクノロジーをクリエイティブに活用することでこうした課題を解決できると考えます。

さらに詳しく 詳細を閉じる

BTは様々なバックグラウンドのスタッフを受け入られる、柔軟かつ公平な職場環境を作る努力をしています。このような環境によって、全てのスタッフが事業に貢献し、それぞれの持つ能力を最大限に達成できるようになると考えます。それにより、多様な考え方、イノベーションの強化につながり、お客様のニーズをより深く理解することにつながると信じています。

BTのアプローチ

多様性を積極的に受け入れるBTは、トップマネジメントレベルから、その取り組みを進めています。

  • BTグループ会長 Sir Michael Rake:イギリスの障害者の雇用を支援する企業の団体であるBusiness Disability Forumメンバー
  • グループ・ファイナンス・ディレクター Tony Chanmugam:イギリスの民族的マイノリティの雇用を改善するシニアエグゼクティブの会、Board of Race for Opportunityメンバー
  • コンシューマー向け営業およびサービス部門 マネージング・ディレクター Libby Barr:カスタマー・インクルージョンプログラムにおいて客観的な指導と専門的アドバイスを提供するBT Customer Inclusion Leadership Panel共同議長
  • グループジェネラルカウンセル Dan Fitz:BTのダイバーシティ&インクルージョンの推進者

BTのダイバーシティ戦略は3つの柱から成り立っています。

一つ目は、シニアエグゼクティブが中心となり、積極的にダイバーシティを重んじるカルチャーをチームメンバーの中で作り上げること。Global Inclusion Steering Groupという、組織を横断したグループでは、良い事例を共有したり、さらなる改善が必要な部分について話し合っています。また、7つのEmployee Groupでは、女性、民族的マイノリティ、障害者、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)、キリスト教徒、イスラム教徒、そして介護者、に分かれています。

次に、我々はDiversity & Inclusionを働き方の中心的なものとして考えています。各ビジネスラインはDiversity & Inclusionに関する計画を持っています。BTの全体的な戦略に対する進捗状況は各四半期ごとにOperating Committeeに報告されています。

最後に、BTでは優秀な人材を雇用、育成し、そしてなるべく長く働けるよう支援します。雇用プログラムのすべてにおいてダイバーシティが十分考慮されていること、そしてマイノリティのグループについては彼らのポテンシャルを最大限引き出せるようサポートを提供しています。さらに、退職時のインタビューを改善することで、特にそうしたマイノリティの社員が退職する場合、その理由について十分ヒアリングを行い、今後の改善に役立てています。

その他、BTにおけるダイバーシティ推進の進捗についてはこちらのレポートをご覧ください。(英語)

2015年度の進捗状況(イギリス・グローバル)

障害者の内訳(自己申告)イギリスでの%

 年

管理職 

非管理職 

BT全体 

2010

3.02

3.95

3.63

2011

3.28

4.3

3.95

2012

3.63

4.74

4.36

2013

4.06

5.37

4.92

2014

4.21

5.83

5.26

2015

4.57

6.11

5.58


年齢層の内訳(イギリス)

年 

< 20 

20-29 

30-39

40-49

 50-59

 60+

不明 

2010

214

7,447

15,455

28,776

26,078

1,858

4

2011

266

6,684

14,201

26,979

26,561

2,403

2

2012

243

6,781

13,471

25,719

26,137

2,844

0

2013

283

7,254

13,059

24,465

26,118

3,468

8

2014

476

7,451

12,443

22,066

25,669

4,029

1

2015

435

8,385

12,544

19,908

25,299

4,370

2


多様性 – 女性従業員(イギリス)%

 年

管理職 

非管理職 

 BT全体

2010

24.45

20.18

21.78

2011

24.06

19.71

21.28

2012

24.28

19.05

20.98

2013

24.95

19.12

21.34

2014

24.95

19.11

21.09

2015

24.66

17.02

19.53


多様性 –イギリスでの少数民族の内訳(自己申告) %

 年

管理職 

非管理職 

 BT全体

 2010 

 10.86

 10.18

 10.41

2011

10.74

10.25

10.42

2012

10.82

10.52

10.62

2013

9.78

10.23

10.07

2014

9.94

10.31

10.18

2015

10.32

10.48

10.42

2016年の進捗状況(日本)

2016年4月1日、BTジャパンでは、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画を以下の通り策定しました。

  • 管理職に占める女性の割合を現在の30%から35%以上にする。
  • 理工系バックグラウンドを持つ女性社員の採用を推進する。
  • 在宅勤務・テレワーク等による柔軟な働き方の更なる促進。

関連リンク

日本経済団体連合会

女性活躍推進宣言企業

今後の計画

BTではUK National Equality Standardに基づき、メトリクス(測定指標)や透明性の高い査定方法によって、組織としてのインクルージョン(あらゆる人材を受け入れる包容力)指標を評価するなど、多様性と包容力を改善するためのフレームワーク作りを行っています。

今後も、様々なベストプラクティス・ベンチマークやアワードを取り入れ、あらゆる人材を受け入れる雇用主として、引き続きあらゆる活動に取り組んでまいります。

参考資料

関連ソリューション

ダウンロード