Banner

クラウドでの可能性の実現

クラウドの使用によるビジネスの目標達成

接続技術がクラウドの可能性を実現

クラウドに接続して適切な選択を行う

クラウドにはビジネスを変革する可能性があり、急速に標準化しています。BT の主要な顧客 10 社のうち 9 社は、2 年以内に 1 つではなく複数のクラウドを使用する予定です。 とはいえ、その約 3 分の 1 は、作業に適した正しいクラウドを選択し、さまざまなクラウドを安全に併用するためにさらにスキルと知識が必要であると感じています。

BT のコンサルタントはお客様の IT ニーズを評価し、どのジョブ、データ、またはアプリケーションにどのクラウドが適しているかを判断し、ワークロードをクラウドに移行して管理することができます。その過程から複雑さを排除しつつも、お客様はコントロールを手放すことはありません。

次の方法でクラウドでの可能性を実現できます。

お客様のパートナーとなる

アジアに進出する、ノルウェーに新しい連絡センターを開設する、または新しいビジネスアプリケーションを実行するといった希望があるとします。 BT では、お客様の IT およびビジネス目標を評価して、実情に合ったクラウド戦略を構築できます。サービスの各要素をテストして、他の要素と機能することを確認します。その後、戦略を実行に移します。タイムライン、リソース計画、データ保護、サービスの継続性なども備えています。

さまざまな選択を行えるようサポート

どの組織も、データのセキュリティを確保し、システムを常に稼働する必要があります。また、特定の必要もあり、それは常に変化しています。 たとえば、研究開発のために複雑な機密データをパートナーと共有することもあります。 あるいは、24 時間体制でカスタマー コール センターを稼働させるといったこともあります。 BT では、お客様のニーズと目的に合った適切なクラウドまたは複数のクラウドを選択できるようにサポートいたします。 プライベート クラウドでもパブリッククラウドでも、またはその両方でも可能です。

クラウドの接続

今後数年のうちに、ほとんどの組織ではハイブリッドクラウド環境で 5 つまたは 6 つのクラウドを稼働させることになります。 それらすべてが安全に機能するよう、BT では独自の IP ネットワークを主要なクラウド プロバイダー、データ センター、さらにはキャリアに依存しない交換と直接接続しました。これには、Amazon Web Services、CISCO、HP、IBM、Equinix、Salesforce、Microsoft などが含まれます。これにより、高速で円滑なセキュリティの高いサービスを実現しています。

イノベーションの促進

仮に、ビジネス全体およびパートナーとドキュメントの保存、共有、同期を行うとします。しかし、ストレージや処理能力のために必要以上に料金を払いたくありません。 BT Compute Storage では、必要に応じて仮想領域を提供できます。 だれかがアンケートを実施したいとします。 BT のアプリでは、数多くのアプリケーションの中からアンケート アプリケーションを入手して、数分でそれを実行することができます。そして、必要がなくなれば使用を終了できます。 また、BT Cloud Contact センターでは、需要のピークや落ち込みに応じてカスタマーサービスのスケールアップまたはスケールダウンを行うことができます。

BT は、お客様が優れた機会を活用するのをサポートします。

GIS がデータ ボトルネックを回避した方法

Genome Institute of Singapore は、遺伝子コードを分析して医療や診断の障壁を取り除くことに貢献しています。 しかし、膨大なデータが関係するビジネスです。新たなプロジェクトが始まるたびに、データの新たな波が押し寄せ、GIS の IT システムにはさらに大きなボトルネックが生じます。.

計算およびシステム生物学のアソシエイト ディレクターである Niranjan Nagarajan 氏は、専用のサーバーでは負荷を処理しきれないことが分かっていました。 そこで BT のクラウドベースの仮想マシンを使用してリアルタイムで計算処理容量を底上げし、生命科学専門家と協力して GIS の研究で必要な適切なアーキテクチャを構築しました。今では、クラウド経由で世界中の研究者と分析ツールを共有してコラボレーションを向上させるなど、さらなる可能性に取り組んでいます。

「GIS にとって真の課題となっているのは、分析そのものではなく、分析の過程で生じる膨大なデータの管理と保存です。 BT が提供するクラウド コンピューティングリソースは、この面で科学の新興に大いに役立っています。」
- Niranjan Nagarajan 氏Genome Institute of Singapore、計算およびシステム生物学のアソシエイト ディレクター