Banner

グローバルボイスVPN

BT One Voice

サービス概要

通信サービスを統合し、社内のコミュニケーション効率を向上

One Voiceは音声通信、モバイル通信、およびデータ通信を単一のグローバル ネットワーク上で実現することができるサービスです。場所を問わず高信頼のサービスを提供できるため、コネクションの中断もなく、常に生産性を保つことができます。 利用方法も簡単で、経費も削減でき、必要に応じて新しい技術を導入することも可能です。

高い生産性

  • 既存と新規のテクノロジーを統合して利用できるため、最新のソリューションを導入しながらも、既に投資した設備も引き続き有効活用することができます。
  • ビデオ、コラボレーション、会議ツールなどの先進的なソリューションのためのプラットフォームを提供いたします。 お客様は必要に応じて各種サービスを導入することで、従業員の生産性を向上することができます。
  • グローバルで統一された音声サービスを提供できるため、スタッフは世界中のどこにいようともサービスに接続して利用することができます。

業務の簡素化

  • お客様がグローバルネットワークで利用しているコミュニケーションサービスを、1社提供の1サービスという形で1本の契約に集約いただけます。
  •  音声関連設備の管理をシンプルにすることができます。BTが全てを管理しますので、お客様はより戦略的な業務にリソースを集中することができます。
  •  接続方法や機能オプションを組み合わせて頂くことで、お客様のビジネスニーズにあわせてカスタマイズすることが出来ます。コラボレーションやコンタクトセンターなどのソリューションも幅広くサポートいたします。

コスト削減

  • VoIPを使って音声とデータ通信を統合することで、インフラを効率化でき、通信と管理にかかるコストを最大で30%削減できます。
  • 低価格のグローバル・ダイヤルプランを利用することで、グローバルコミュニケーションの費用効率を高めることができます。
  • 1つのサービスで新旧の音声システム併用して利用できるため、既に導入済みのシステムを破棄する必要もありません。
  • どのようなデバイスからでもアクセスできて、世界中どこでも安いモバイル通話料でご利用いただけるため、国際携帯電話料金とローミングコストを45%以上削減することができます。

仕様

  • グローバルでのオンネットコールを実現するグローバル音声VPN(グローバル・ダイヤルプラン)
  •  ニーズに合わせて選べるアクセス方式(MPLS、イーサネット、TDM)とプロトコル(SIP、H.323、ISDN)
  • ナンバー・ポーティングとPSTNからの完全移行
  • 効率的な耐障害性ソリューション 
  •  オンネット音声会議
  • どこからでも社内ネットワークにアクセスできるモバイル・インテグレーション

One Collaborateで共同作業が効率的に

3:29

私達は広範囲にコラボレーションを支援するためのサービスを取り揃えています。最初はシンプルな音声会議会議(電話会議)のみから始めることもできます。全社規模の ユニファイドコミュニケーション を一気に導入することも可能です。

ポリコム社のビデオ会議ソリューションと更なるコラボレーション

3:20

BTのグローバルパートナー、ポリコム社のソリューションとのコラボレーションが可能です。

BT Oneで利用するコミュニケーションをひとつに

2:24

大規模企業の幹部の方々は、コミュニケーションや共同作業、そして情報伝達が満足に行われていないため、一日平均125分(2時間5分)が無駄になっていると言っています*。音声サービス、インスタントメッセージング、共同作業が必要な業務、どこにいても利用できるモビリティサービス−これらをひとつにすることで、業務の効率化と簡素化が可能です。詳細はこちらのビデオをご覧ください。*BT調査 2012

  • One Collaborateで共同作業が効率的に 3:29
  • ポリコム社のビデオ会議ソリューションと更なるコラボレーション 3:20
  • BT Oneで利用するコミュニケーションをひとつに 2:24
ひとつ言えることは、One Voiceへ移行すればコスト削減できるということです。当社の大きなお得意先の中の数社では、28~34%もコストを削減できました。現在の経済環境においては、それはとても魅力的な結果だと考えています。”
- Jan Riechers, BTグローバルサービス

詳細

グローバル音声ネットワークの仕様

オンネット通話 – One Voice Global VPN

  • オンネット国際電話のための、技術制約のないグローバル音声VPN。オフネットの通話にも低価格のIDDレートを適用することが可能
  • PBXベースの留守番電話とPBX仕様の互換性
  • ITU E.164準拠のプライベートおよび公衆ダイヤルプラン
  • FONとバーチャル・オンネットコール(VON)
  • TDM接続やVoMPLSからの柔軟性の高いアクセス

PSTNサービスからの移行 – One Voice SIP trunking

  • PSTNトラフィックをデータネットワーク上にルーティングすることで、PSTN/ISDNサービスをVoIP技術で提供
  • PSTNの発着信、緊急電話番号への呼発信、プレミアム・レートやシェアードコスト番号を含むほぼすべてのローカルサービス(国内)をサポート
  • ナンバー・ポーティングで既存の電話番号を維持
  • DDI予約と付与
  • ディレクトリへのリスティング
  • シングル・ナンバー・リーチ(SNR)サービス
  • 着信呼迂回とCLI
  • ビジネス継続性確保のための耐障害性オプション
  • 提供可能地域すべてにおいて現地の音声通信の規制に準拠

どこからでも社内ネットワーク経由の発信が可能– One Voice anywhere

  • シンプルで直感的なモバイルアプリを使用すれば、どこからでもBTのGlobal One Voice ネットワークを介して通話発信可能
  • 国際携帯電話料金とローミング費用を45%以上削減
  • ダイレクトコール(Wi-Fi、3G、4G経由でのVoIP)、コールバック(PSTN利用)、ローカル経由での国際電話(PSTNから現地のPoPへ)を含む、コスト効率の良い発信オプション
  • 複数のデバイスから発着信
  •  発着信ともにひとつの番号だけを使うことも可能
  • 留守番電話のメッセージを音声ファイルもしくはテキストベースでメール受信(英語)
  • 移動中にもコスト効率の良い音声会議ができる、インテリジェントなワンタッチ・会議ツール

サービス提供可能地域

グローバルなサービスを、グローバルなカバレッジで

One Voiceは75か国で利用可能です。BTのグローバルネットワーク経由であれば、利用可能地域は100か国以上にも上ります。 (One Voice SIP trunkingを利用すれば)PSTNからの完全移行も可能で、携帯電話との統合(One Voice anywhere利用)もグローバルスケールで可能です。

仕様やオプションなどについては、是非とも当社営業窓口までお問い合わせください。

参考資料

テクニカルインフォメーション

BT Oneで利用するコミュニケーションをひとつに

MP4-28 MB

詳しくはデモをご覧ください。

関連製品サブカテゴリ

BT One Voice SIP trunking (英語)

PDF-481 KB

Your stepping stone to unified communications